脂漏性角化症を改善しよう|医師と話して最善の治療方針を決める

病棟

頭蓋内の腫瘍とその症状

看護師

脳腫瘍は頭蓋内の腫瘍で、原発性と転移性の2種類があります。良性と悪性にも分けられ、前者は分裂が遅く、正常な部分との境目がはっきりしていますが、後者は分裂が速く他の部分にも広がります。頭痛や吐き気が特に朝ひどい場合は、病院に行くのがお勧めです。また生活や食事の改善である程度予防することもできます。

» 詳細

最新の射線治療装置です

インテリア

サイバーナイフは、放射線治療装置です。精度の高い放射線の照射が特徴で、角度を変えながら照射できます。手術のように切開せず、麻酔を使わず、高齢者でも楽に受けられる画期的な最新治療法なので、多くのニーズがあります。

» 詳細

病気の検出のシステム開発

女性

病気の検出に役立つ方法として有用なのが免疫沈降であり、多くの病気を検出できるスクリーニングシステムが開発され、医療現場で応用されていくでしょう。抗原抗体反応を用いて特異性と高い感度のある検出が可能なのが特徴であり、原理的に実現が可能だからです。

» 詳細

病院での診断がおすすめ

先生

高齢者にも若者にも

脂漏性角化症は皮膚疾患のひとつで、多くの場合高齢者に見られます。そのため別名を老人性疣贅といいます。ただし中には若年層の人にできる場合もあります。脂漏性角化症は危険なものではないので、感染性があるとか癌に変わるとかいうことはありません。ただ見た目が脂漏性角化症のようであっても実は癌だったというケースもまれにあるので注意が必要です。気になる場合は病院で診てもらいましょう。外観以外には特に差し障りがないともいえる脂漏性角化症ですが、放っておくとしだいに数を増していくことがあります。そのため、しばらくの間よく観察してみて増えていったり大きくなったりしているようであれば、早めに病院で治療を受けることをおすすめします。

検査が必要な場合も

脂漏性角化症に対して病院で行われる治療にはいくつかの種類があります。外科手術によって切り取ってしまうこともできますし、電気によって焼いて取るという方法もあります。脂漏性角化症の部位を液体窒素で冷凍するという凍結療法も一般的に行われています。また、レーザー照射によって治療するというやり方もあります。脂漏性角化症の色・形には個人差が大きく、盛り上がったものもあれば平らなものもあります。色も濃いものから薄いものまでさまざまで、素人目には脂漏性角化症であるかどうか判断がつきにくいものです。それは医師の場合にもいえることで、ときには癌と区別のつきにくいものがあります。そうした場合には、できる治療法が限られることもあります。もし癌であれば、きちんと組織を採取して専門機関で検査を行う必要があるためです。そのときは医師の助言にしたがって治療方針を決めるようにしましょう。

Copyright© 2016 脂漏性角化症を改善しよう|医師と話して最善の治療方針を決める All Rights Reserved.