脂漏性角化症を改善しよう|医師と話して最善の治療方針を決める

病棟

病気の検出のシステム開発

女性

スクリーニングシステム

病気の診断においては問診から始まって様々な検査を重ねていくことが必要になります。多くの病気に対しては有効な検査方法が確立されてきました。その効果的な方法として免疫沈降は頻繁に用いられます。今後の動向として多くの疾患をまとめて免疫沈降によりスクリーニングするシステムが開発されるでしょう。細菌感染やウイルス感染といったレベルでも、何に感染しているのかということを網羅的に判断し、その抗生物質や抗ウイルス薬などへの耐性の有無についてもまとめてスクリーニングできるシステムがあると治療が速やかに行えます。原理的には免疫沈降により実現可能であることから、近い未来に実現されて医療現場でルーチンとして使用されるようになるでしょう。

特異性の高い検出法

免疫沈降は抗原抗体反応を用いる特異性の高い検出法であるということが特徴です。タンパク質などの大きな分子の一部の構造を特異的に認識する抗体を使用することによって、極めて似た構造の分子であっても区別することができます。一度特異性の高い抗体ができてしまえば、その対象となっている物質に対して高感度で特異性の高い信頼できる検出法が確立されます。そのため、抗体さえ準備してしまえば様々な疾患のマーカーとなる物質を網羅的に検出できるスクリーニングシステムを構築することが原理的に可能ということになります。多くの疾患においては早期発見、早期治療が必要であり、その実現のためのスクリーニングシステム開発に大切な特徴を有しているのが免疫沈降なのです。

Copyright© 2016 脂漏性角化症を改善しよう|医師と話して最善の治療方針を決める All Rights Reserved.